骨までやわらか!ホットクックでいわしのトマト煮を作る - oishio活用法

骨までやわらか!ホットクックでいわしのトマト煮を作る - oishio活用法

ホットクックでいわしのトマト煮を作ったので紹介します。

材料/3人分

いわし

6尾

たまねぎ

1/2個

トマト缶

1/2缶

顆粒コンソメ 

後程計算

ほりにし

後程計算

後程計算

にんにく

適宜

トッピング

パセリ・粉チーズ・黒胡椒などお好みで

作り方

  1. たまねぎを粗みじん切りにする。
  2. ホットクックの内鍋に、いわしを重ならないように並べ、その上にたまねぎ、さらにその上にトマトを入れる。
  3. 食材の重量を計量し、各調味料の量を計算する。
  4. 計量した調味料を混ぜ合わせ、内鍋に入れる。
  5. お好みでチューブのにんにくを加える。
  6. 内鍋を本体にセットして、
    [メニューを選ぶ] → [メニュー番号で探す] → [No.023(いわしの骨までやわらか煮)] → [調理を開始する] → [スタート]
    で調理開始。
  7. 加熱が終了したら、魚が崩れてしまわないよう、やさしくお皿に盛り付けて完成。お好みでパセリ・粉チーズ・黒胡椒などをトッピングする。
いわしのトマト煮完成

詳細

はじめに断っておきますが、めちゃくちゃ時間がかかります
ただ、手間はかかりません。めちゃくちゃ簡単です。

「ご飯作るの面倒、でも時間ならある」といった日、主に休日向けでしょうか。

いわしのトマト煮に使う食材

いわしは頭と腹わたが取り除いてあるものを買うと楽です。
トマト缶はホールトマトでなく、カットトマトだと、刻んだり潰したりしなくてもいいので楽です。
とにかく楽することを考えています(笑)

食材は人数や食べる量にあわせて適当に増減しても大丈夫です。
塩分計算アプリ oishio を利用し、それらの量にあわせて調味料の適量を計算します。

iPhone/iPad用アプリ oishio - 調味料の適量を計算 iPhone / iPad アプリ
oishio - 調味料の適量を計算
oishio

下処理

まずは下処理から。

たまねぎを半玉程度、粗みじん切りにします。

たまねぎのみじん切り

いわしとトマト缶は楽なものをチョイスしたので、下処理と言えるものはこれだけです。

内鍋に、いわしを重ならないように並べ、その上にたまねぎ、さらにその上にトマトを缶の半分くらい入れます。

食材を内鍋に投入

食材の計量

次に食材の重量を量ります。
内鍋を含めた重量は1278gでした。

食材を計量

oishio の食材重量をタップし、「1278」を入力した後、画面左の鍋のボタンをタップします。

oishioで食材重量をタップ oishioで鍋のボタンをタップ

我が家のホットクックの内鍋の重量は687gで登録してあります。
こちらをタップすると、1278から687が引かれて591gという食材重量が簡単に計算できます。

oishioでホットクック内鍋ボタンをタップ oishioで食材重量算出

調味料の計算・計量

続いて調味料の量を計算し、計量します。

今回は、顆粒コンソメ : ほりにし : 酒 の比率を 1 : 1 : 8 で味付けをすることにしました。

ほりにし?

そんな声が聞こえました。
これです。

ほりにし

キャンプやバーベキュー好きの間では定番らしい、いわゆるハーブソルトです。
これで味付けするとなんでも美味しくなるという ズルいやつ です。

塩分濃度は45.8%。課金していただくと、このような「我が家の調味料」もoishioに登録できるようになりますよ。

そんなの持ってるわけない

ですよね。
クレソルや普通の塩でも、もちろん大丈夫です。

調味料を選択して、それぞれの比率を入力すると 総重量の0.8%の塩分濃度 になる調味料の量が計算できました。

oishioで調味料を選択 oishioが調味料の量を計算

同じカップを使用し、各調味料を計量しては0リセット、を繰り返します。

調味料を計量

すべて計量できたら混ぜ合わせ、内鍋に投入します。
私はさらにチューブのにんにくを加えました。
入れる、入れない、入れる量、はお好みで。

内鍋を本体にセット

加熱

材料の投入が完了しました。
内鍋を本体にセットしたら

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.023(いわしの骨までやわらか煮) → 調理を開始する → スタート

で調理開始です。

ホットクックで加熱開始

加熱時間は2時間30分。とにかく長いです。
19時に夕食を食べたいのであれば、16時頃には準備を始めなくてはいけません。

ただ文字通りほっとくだけなので、その間に買い物に行ったり、洗濯物をたたんだり、子供の世話をしたり、目を離して他ごとができます。
これは圧力鍋ではできないことですよね。

 ・
 ・
 ・

デパ地下のお惣菜コーナーのような、いい香りが部屋中に漂っています。

ホットクックで加熱中

 ・
 ・
 ・

ようやく加熱が終了しました。
魚が崩れてしまわないよう、やさしくお皿に盛り付けましょう。

ホットクックで加熱完了

完成

完成です。
パセリ・粉チーズをトッピングしました。

いわしのトマト煮完成

作る前から絶対美味しいと思っていましたが、間違いありませんでした。
また骨までほろほろなので、食べるのが楽、小さいお子さんが食べるのにも安心、栄養満点、といいことずくめですね。

いわしのトマト煮実食

強いて言うならば、少しだけ塩っぱかったでしょうか。
ホットクックといえども2時間半も加熱していればそれなりに煮詰まるので、加熱前の重量よりも結構軽くなったからだと思います。

お酒のつまみや白いご飯に合うともいえますが、このあたりは好みの問題ですね。
次回は0.7%で計算しようと思いました。
薄めが好みの方は0.5〜0.6%でもいいかもしれません。

以上、お読みいただきありがとうございました。
最後に、oisihoのレシピ共有リンクを貼っておきます。

oishioをインストールしたiPhone・iPadでこの記事を見ていただいている方は、このリンクから今回のレシピをoishioで表示することができます。

よろしければ、調味料や塩分濃度をお好みで変更して作ってみてください。

About

profile サワムラ|アプリ開発者
@sawamapp

このブログの人気の投稿

下茹でなし!ホットクックで豚の角煮をつくる - oishio活用法

孤独のグルメ。ホットクックであのニラ玉を作る - oishio活用法

ホットクックで鶏ももチャーシューを作る - oishio活用法

計量時の「ゼロリセット忘れ問題」からの解放。鍋の重さを引く機能を追加 - oishio活用法