投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

Instant Paste (リジェクトされたアプリ)

イメージ
iPhone / iPadアプリ
Instant Paste
iOSアプリ2作目にして初めてリジェクトされました。
どんなアプリだったのか、記録として記事を残しておきます。


まずアプリを立ち上げると下の画面が表示されます。
テキストボックスにURLスキームを入力するか、
Skip Search と同じようにWebサイトから選択します。
ホームボタンでホーム画面に戻ればURLスキームの設定が完了します。

そして、以後 Instant Paste を立ち上げると、
すぐさま先程設定したURLスキームを実行します。
その際、URLスキーム中の、<U>、<J>、<E> には、
クリップボード(ペーストボード)にコピーされているテキストを
エンコードしたものが代入されます。

つまり、

Safariなり、メールなりでテキストをコピー

ホーム画面に戻る

Instant Pasteをタップして起動

Google検索が実行される(例えば)

と、ホーム画面からワンタップで
クリップボードのテキストを使用したURLスキームの実行ができるという訳です。


また、Instant Paste 自身もURLスキームを持っており、

「ipaste://e=http://www.google.com/search?q=<U>」

というURLスキームによって、同じ動作を実行することができます。
Touch Icon Creator など、
ホーム画面にURLスキームを実行するアイコンを作成することのできるアプリを使えば、
無限にInstant Pasteを作る事ができる訳です。


知らない単語をコピー → 検索
英文のメールをコピー → 翻訳
などの作業が、いずれもホーム画面からワンタップで実行できます。
QuickaSeeq はテキストボックス未入力の状態で
各URLスキームを実行するとクリップボードのテキストを使う仕様になっているようですが、
ホーム画面からは最短でも2タップ必要です。

まあ、微々たる差ですけど…

ホーム画面にあまりアイコンを増やしたくない人にとってはいまいちかもしれませんが、
自分のようにワンタップでも省略したい人もいるかなと。

個人的には iTunes Connect のメールを翻訳する際、
全コピーしてGoogle…

見ているページを最速ではてなブックマークに追加 / Skip Search 活用法

イメージ
Skip Search の内蔵ブラウザには
Safari と同様の「メールで送信」機能があります。




この機能を「はてなブックマークに追加」のために使用している人は多いと思います。
むしろ自分はそのためにしか使っていません。

それならばと、予め送り先を設定しおくことで
「毎回連絡先から選択する」という手間を省けるようにしました。


iPhoneの「設定」 → 「Skip Search」と進み、
最下部に「送信先メールアドレス」という項目があるので、
はてブに追加用のアドレスを貼付けてください。




こうしておくことで、内蔵ブラウザから「メールで送信」を選択した際に
宛先にアドレスが入力された状態でメール送信画面が立ち上がります。
内蔵ブラウザから3タップで、はてブに追加完了!


このブログにもはてブボタンがありますが、
ページのボタンからだとタイミングによっては
ログインしなおさなければならなかったりして
イラっとする事もよくあります。


メールならそのような事もないので
一番快適な方法ですよね。


2013-10-26
バージョンアップに伴い、記事を修正しました。
(Skip Search Ver.2.3)


Clip Search 機能を紹介します。

イメージ
今回は「Clip Search」機能を紹介します。

アイコンがありますが、別のアプリという訳ではなく、
Skip Search の拡張機能と言ったところでしょうか。


まずは準備から、
Skip Search を立ち上げ、右下の「編集」をタップします。



サイドバーのスペーススイッチが消え、現れた「i」をタップします。



表示された選択肢の中から「Clip Search アイコンを作成」をタップします。



するとSafariにジャンプし、こちらの画面が表示されるので、
ホーム画面にアイコンを追加してください。



アイコンが追加されたら準備は完了です。


あとは様々なアプリで文字を選択してコピーした後、

Clip Search アイコンをタップしてください。



Skip Search が立ち上がり、

検索が実行されました。



ちなみに履歴にもちゃんと保存されているので
検索語句の再利用も可能です。

Clip Search 機能を使う方法はもう一つあります。

Skip Search の内蔵ブラウザ内で文字を選択してください。

「コピー」の横に Clip Search のボタンが現れます。
こちらをタップする事で Clip Search が実行されます。




PCで文字を選択して右クリックすると「Googleで検索」とかできますよね。
何でiPhoneではできないんだろうと思ってたので、
地味ですが機能として付けてみました。

Clip Search の説明は以上です。
iPhoneでの検索がすこしは快適になったでしょうか?


2013-10-21
バージョンアップに伴い、記事を修正しました。
(Skip Search Ver.2.3)