料理に使う調味料の適量の計算が簡単にできるiOSアプリ「oishio」をリリースしました。

料理に使う調味料の量がお好みの塩分濃度で簡単に計算できるiPhone/iPad用アプリ「oishio」

iPhone/iPad用アプリ oishio - 調味料の適量を計算 iPhone / iPad アプリ
oishio - 調味料の適量を計算
oishio

「料理の塩分濃度が0.6%~0.8%であれば、だいたいの人はおいしいと感じる」
と言われています。(人間の体液の塩分濃度に近いためそう感じるようです)

これは料理科学研究家の水島弘史さんが提唱し、経済評論家の勝間和代さんも薦めている「ロジカルクッキング」の考え方の一部です。

私も実際に塩分濃度が0.6%~0.8%になるように0.1g単位のキッチンスケールで食材・調味料を計量して料理を作ってみたところ、確かに、ちょうどいい塩加減が味見なしで一発で決まりました。


ただ、計算が面倒くさい...


味付けに塩のみを使用する場合は、例えば塩分濃度を0.8%にするのであれば「総重量 × 0.008」といった計算によって割と簡単に塩の適量を求めることができます。

しかし、料理には塩だけでなく、醤油や味噌など、塩分濃度の異なる様々な調味料を使用しますし、それらを組み合わせて使用することもあり、「0.6%~0.8%の塩分濃度」になる調味料の量を求めるにはかなり面倒な計算が必要になります。


oishioはこの面倒を解決するアプリです。

oishioに食材の重量を入力することで、人がおいしく感じる、ちょうどいい塩加減になる調味料の量を簡単に計算することができます。
oishioの簡単な操作

使い方は こちら に記載しています。


無料でお試しいただけますので、ぜひダウンロードしていただき、日々の料理にご活用ください。


食材・調味料を計量する手間はかかりますが、味付けの失敗がなくなりますし、美味しい料理を作る上では結果的に時短にもなりますよ。



iPhone/iPad用アプリ oishio - 調味料の適量を計算 iPhone / iPad アプリ
oishio - 調味料の適量を計算
oishio

About

profile サワムラ|アプリ開発者
@sawamapp

このブログの人気の投稿

ホットクックで鶏ももチャーシューを作る - oishio活用法

下茹でなし!ホットクックで豚の角煮をつくる - oishio活用法

在宅勤務の一人飯。ホットクックで焼きそばを作る - oishio活用法

骨までやわらか!ホットクックでいわしのトマト煮を作る - oishio活用法