投稿

レシピの画像添付機能を追加しました - oishio活用法

イメージ
iPhone / iPad アプリ oishio - 調味料の適量を計算 塩分計算アプリ oishio を利用して作った料理が上手にできたときに、 料理の写真をレシピと一緒に保存しておきたいな と思うことがあるかもしれません。 oishio の Ver.2.14 ではそのような場合に、作成したレシピに画像を添付して保存できるようになりました。 画像の添付方法 画面上部の真ん中にある画像アイコンのボタンをタップします。 フォトライブラリが表示されるので、撮影した画像を選択します。 選択した画像は、画面右下のボタンをタップすることで回転することができます。 また、ピンチアウトによる拡大、ドラッグによる位置調整も可能です。 最終的にはoishioにおいて、4:3の比率で切り抜かれて使用されます。 構図が決まったら、画面右下の完了ボタンをタップします。 すると、レシピの上部に画像が表示されるようになります。 最終的に画面右下の保存ボタンでレシピを保存することで、画像もレシピの一部として保存されます。 (※保存ボタンでレシピの保存をしないと画像も保存されませんのでご注意ください) WEBサイトなどの画像を利用する場合 レシピサイトに掲載されている画像を利用したい場合もあると思います。 そのような場合は、WEBページ上の画像をコピーした状態で、 oishio画面上部の真ん中の画像アイコンのボタンをタップします。 すると、コピーした画像がセットされた状態で画像の編集画面が表示されます。 フォトライブラリから選択した後と同様に、構図を決めて完了ボタンをタップすることでレシピの上部に画像が表示されるようになります。 画像の削除 画像を長押しすると、[画像を削除]ボタンが表示されます。 こちらをタップすることで画像が削除されます。 (※レシピから画像を完全に削除する場合は、保存ボタンでレシピの保存をしてください) レシピ共有機能 レシピ共有機能においては、レシピのリンクと共に画像も共有することができます。 例えばTwitterにおいては次のような表示になります。 テスト https://t.co/kt2JvciKIz

ホットクックでシャキシャキもやし炒めを作る

イメージ
ホットクックの「炒める」モードで野菜炒めを作ったときに 結構水が出てベチャベチャになっちゃったな... そう感じたことはありませんか? 今回はこの原因をロジカルクッキングの観点で解説し、特に水っぽくなることの多い「もやし」を使って、ベチャベチャにならない、シャキシャキのもやし炒めを作る方法を紹介します。 材料/2~3人分 もやし 1袋(200g程度) サラダ油 大さじ2 鶏ガラスープの素 後程計算 黒胡椒 お好みで 作り方 ホットクックの内鍋にもやしとサラダ油を入れ、もやしにまんべんなく油がいきわたるよう、よく和える。 内鍋をホットクック本体にセットし、[手動で作る] → [好みの設定加熱] → [弱火] → [たまにまぜる] → [6分] → [スタート]で加熱。 加熱が終わったら、キッチンペーパーで鍋底の余分な油と水分を拭き取る。 加熱後のもやしの重量をはかり、塩分濃度が0.8%になるように鶏ガラスープの素の量をはかる。 鶏ガラスープの素、お好みで黒胡椒を加え、よく和えたら完成。 野菜炒めがベチャベチャになる3つの原因 ホットクックで野菜炒めを作るとなぜベチャベチャになるのか? 料理科学研究家/水島弘史シェフの著書の内容をもとに、その原因を考えてみました。 『強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!』(水島 弘史):講談社+α文庫 製品詳細 講談社BOOK倶楽部 「料理の常識」は根拠のない思い込みだらけ! 強火で肉を焼いても、うまみはとじ込められない。家庭のコンロは「火力が強すぎる」。野菜を弱火で炒めても水っぽくならない……気鋭のシェフが研究を重ねて辿り着いた、科学的調理術はシンプル。 1.火のルール 2.塩のルール 3.切り方のルールたった3つのルールで美味しくなる! … 1. 火力が強すぎる ホットクックの「炒める」モードは、「 強火で加熱し、沸騰後にまぜながら更に指定した時間加熱する 」というものであり、これがホットクックで野菜炒めがベチャベチャになる一番の原因です。 野菜の細胞壁は「ペクチン」とい

孤独のグルメ。ホットクックであのニラ玉を作る - oishio活用法

イメージ
ホットクックで孤独のグルメのあのニラ玉を作ったので紹介します。 材料/五郎さんなら1人分 ニラ 1袋(100g程度) 豚こま 150g程度 卵 3個 酒 後程計算 オイスターソース 後程計算 醤油 後程計算 ごま油 後程計算 ガラスープの素 後程計算 砂糖 後程計算 サラダ油 大さじ2 作り方 ニラの葉の部分を3cm程度、根元を1cm程度の長さに切る。 豚こまを一口大に切り、ホットクックの内鍋になるべく固まらないようにほぐして入れる。 卵をボウルに割っておく。 食材の重量を計量して調味料の量を計算する。 豚こまに計量した酒をまわしかける。 内鍋をホットクック本体にセットし、[手動で作る] → [好みの設定加熱] → [弱火] → [まぜない] → [7分] → [スタート]で加熱。 加熱中に残りの調味料を計量しておく。 豚肉の加熱が完了したら、ニラと調味料を加えて和える。 まぜ技ユニットをホットクック本体にセットし、[手動で作る] → [好みの設定加熱] → [弱火] → [よくまぜる] → [2分] → [スタート]で加熱。 加熱が完了したら、皿に取り出しておく。 内鍋にサラダ油と溶き卵を入れ、[手動で作る] → [煮詰める] → [2分] → [スタート]で加熱。 卵が固まってきたら、菜箸でのの字を書くようにしてまとめていく。 卵の加熱が完了したら、皿にかぶせるように盛り付けて完成。 詳細 孤独のグルメファンであれば「ニラ玉」と聞いてすぐにピンとくると思います。 そう、Season7の最終話「東京都中央区八丁堀のニラ玉ライスとエビチリ」のニラ玉です。 12話 東京都中央区八丁堀のニラ玉ライスとエビチリ|孤独のグルメシーズン7:テレビ