Translate

2013-10-11

Skip Search 2.2 アップデート ②

iPhoneアプリ
Skip Search

Skip Search - Kazuhiro Sawamura

前回に続き、Skip Search 2.2アップデートについて。
今回は内蔵ブラウザの変更点を説明したいと思います。



ページの閲覧履歴の管理


内蔵ブラウザを立ち上げた画面です。
下部のツールバーにボタンが追加されています。
このボタンを押すとページの閲覧履歴が表示されます。


リストをタップする事でそのページが表示されるという、
何の変哲もない、普通の閲覧履歴です。
リストに残す件数は、設定アプリから10〜100件の間で
10件刻みで設定する事ができます。


消去したい場合、
個別の消去はリストを左スワイプする事で行ってください。

まとめて消去したい場合は、右下の「消去」ボタンから
閲覧履歴の全消去キャッシュの消去ができます。




画面の更新


今まで画面の更新ができませんでしたが、
今回のアップデートで実装しました。
といってもボタンを増やしたくなかったので、
ページの一番上から更に下に引っ張ると更新するという方法をとりました。



コンテキストメニュー

文字を選択したときに現れるメニューに項目を追加しました。

▶をタップ、または左スワイプすると、↓↓↓

見た感じで理解していただけると思いますが、
「↑」「←」「↓」ボタンは、ホーム画面の検索実行ボタンの
各スワイプに割り当てられているURLスキームでクリップサーチを実行します。

【過去記事】Clip Search 機能を紹介します。

「1に追加」「2に追加」ボタンは、選択している文字を
ホーム画面の「1」と「2」のリストに追加するボタンです。
気になる単語や、意味が分からなくて後で調べたい単語などを
登録していくといいかと思います。



以上、Skip Search 2.2 のアップデート内容の紹介でした。
お読みいただきましてありがとうございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加